こんばんは、ダビスタ大好き、ダビスタ滝川@マネテク!です。

というわけで、このブログ「マネテク牧場」が主催するBC(ブリーダーズカップ)、「第6回マネテク杯日本ダービー」の結果発表です。

レース映像

今回は(も?)結局参加者が集まらず、私、ジョージ滝川の所有馬で争うことになりました。
ぜひ次回以降のご参加をお待ちしています!
ただし、今回はVTR固定を使って育成し直した「ジョージクリントン」号に加え、にぎやかし要員として(笑)「サードホワイト」号、「フォースホワイト」号という2頭の白毛馬にも参戦してもらいました。
さらに、スペシャルゲストとして、有名馬「テンカイッピン」号と「スマイルエックス」号にも(勝手に)参戦してもらいました(笑)。

ということで、まずは、実際のレースの映像をYoutubeにUpしましたのでご覧下さい。

レースの見どころ

直線の入り口では横一線となりましたが、抜け出したのは一番人気のジョージクリントンとジョージワシントンの2頭。
この2頭の叩き合いの末、ジョージクリントンが見事に一番人気に応えました。

ちなみにYoutubeの速度調整機能で0.5倍速で見るとわりと実機に近いスピードになるかと思います。
また、前回から環境をふるさと納税でゲットしたWindowsPCに変更していますが、自身の備忘のために設定をメモっておきます。
設定は、Niceの640×400、ウインドウモードです。

最終結果

というわけで、「第6回マネテク杯日本ダービー」の優勝馬は、ジョージクリントン号となりました。
ジョージクリントン号は初出走初優勝ということになります。
おめでとうございます!

ジョージクリントン